2016年01月11日

Xperia Z3 Compactのワイコン


Xperia Z3 Compactのワイコン実写テスト。
https://youtu.be/KIKF6iYU4Jo
常時携帯できる小さくて軽い4K動画が撮れるカメラを探していました。
Xperia Z3〜Z5のシリーズが、4K動画が撮れてしかも手ブレ補正も効くことを知りました。
出来るだけ小さく、そして安い機種をと探し、Xperia Z3 Compactの中古をヤフオクで3万円台で手に入れました。
早速4K動画を試してみました。
なかなかいい画質です。
ただ、手ブレ補正無しだと25ミリ相当くらいなのが、手ブレ補正を効かせると
40ミリくらいの感覚になってしまいます。
日常スナップや旅行用には、出来るだけ広角のほうが使いやすいです。
そこで、スマホケースに37ミリ径のリングを貼り付け、手持ちのワイコンを取り付けてみました。
5〜6個の手持ちのワイコンは、どれも周囲が流れてしまい、使いものになりませんでした。
スマホ用の小さなクリップ式ワイコンのほとんどが、ただ広く写るというだけの、画質云々の代物ではありませんでした。
そんな中、37ミリ径のスマホ用ワイコンを見つけました。
http://www.amazon.co.jp/dp/B019SMM3OG
値段も手頃です。
早速注文してみました。
現物のワイコン本体は125グラムほどあり、スマホには不釣合いのほど、大きく重いです。常用にはきついです。
クリップは意外としっかりしていました。
37ミリ径のリングをつけたスマホケースにワイコンを取り付け、カメラホルダー等を装備すると、コンデジみたいになりました。
実写結果は、動画をご覧ください。
引き続き、小さく軽いワイコンは探し続けるつもりです。
Xperia Zシリーズの4K動画撮影で問題になる過熱による停止については、後ほど連続撮影のテストと、物理的に放熱させようという工作アイデアがあるので、試してみたいと思っています。
1157406_1075873785796989_1789624078854320330_n.jpg12507418_1075873765796991_4525334860765264516_n.jpg
【関連する記事】
posted by citv at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。