2013年06月19日

開成町のアジサイと町づくり


丹沢山系のふもとに位置する小さな町、開成町は、福祉・教育などの住民サービスが厚く-、地域コミュニティの優しさもあり、住みやすい町として人口も増え続けています。
水田には約5000株の紫陽花が植樹され、市民参加の開成あじさい祭が開催されるなど-、「あじさい」は街興しのシンボルになっています。
住民参加による町作りは、活気ある暮らしやすいコミュニティに成長していきました。あ-じさいに象徴される小さな町の脈動は、今、日本中から注目を集めてます。

そんな開成町を作ってきた前町長・露木順一さんの奥さんの淳子さんに、主婦の目からみ-た開成町の町づくりについてお話をお聞きしました。


posted by citv at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民の活動紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。