2017年12月10日

ハイクオリティ・ローコストな市民メディアを

ハイクオリティ・ローコストな市民メディアを
一人でも運用できる機材とノウハウ

実際に多い撮影・取材内容
1.講演会やシンポジウム、演奏会等にをマルチカメラで。
2.イベント取材や野外ロケには、電動ジンバルやドローンで。


1.講演会やシンポジウム、演奏会等をマルチカメラで。

ポイントは、小型軽量な4Kカメラの使用。運搬に車両は使わない。
例えば市民コンサートの撮影。スタッフ1名の場合。
5〜6台の4Kカメラを使用。
17342530_1446495832068114_947932000548717333_n.jpg
1台をオペレーション、他は固定。
固定カメラを4Kで収録することで、編集時にトリミングでき、的確な構図を切り取れる。
安価な4Kカメラとして、パナソニックのミラーレスなら30分制限が無く、中古でレンズ付きで5〜6万円。三脚も安価軽量のもので可。
編集ソフトは、VEGAS PROがセールで約1万円。4Kが軽く編集できる。
24294401_1713697198681308_8037298316532443603_n.jpg
最近はステージ上の仕込み無線リモコンカメラとして、OSMO+も投入。約7万円。

2.イベント取材や野外ロケには、電動ジンバルやドローンで。

ジンバルは移動撮影用というより、スタッフ一人でも、重い三脚を使わずに、フットワーク軽く安定した撮影を可能にするため。
もちろん、移動撮影は一人称主観が強調され、より市民メディア「的」な映像になると思います。
この一年ほどで安価で高性能な電動ジンバルが相次いで発売され、デジイチ用で7〜8万円。ミラーレス用で5〜6万円。Goproやスマホ用だと1万円台から買えるようになりました。
18556369_1516276335090063_5424810563302065231_n.jpg
OSMOも、無線リモコンが可能なカメラつきジンバルと考えると、安価です。
ドローンも定番のDJI製品のうち、Phantom 3 Standardなら、特売を利用すると5〜6万円で買うことが出来ます。
地方では意外と飛ばせる機会も多いので、一台あると、効果的な映像を撮ることができます。
 

このページのスマホ用QRコード。
qr20171210101532671.png
posted by citv at 02:51| Comment(0) | 実習・研修 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月07日

青い羽根募金(海上保安庁協力会)横浜開港祭2016


2016.6.2 第35回 横浜開港祭にて
posted by citv at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エコステーション 横浜開港祭2016


2016.6.2 第35回 横浜開港祭にて
posted by citv at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライトアップニッポン 横浜開港祭2016


2016.6.2 第35回 横浜開港祭にて
posted by citv at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海草おしば協会 横浜開港祭2016


2016.6.2 第35回 横浜開港祭にて
posted by citv at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月06日

横浜開港祭2016 親善大使


2016.6.2 第35回横浜開港祭にて
posted by citv at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【4K】横浜開港祭2016 花火


2016.6.2 第35回横浜開港祭の花火「ビームスペクタクル in ハーバー」より 
広角で全体を撮る固定カメラでも撮影し、編集しようと思っていたのですが、何故かフォーカスが合ってなくて失敗。寄りのカメラのみの映像です。
寄り⇒AX100  引き⇒GH4
※音楽著作権のしばりで、スマホアプリでは視聴できません。
posted by citv at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016横浜開港祭「ドリーム・オブ・ハーモニー」素材映像


マルチカメラ編集前の一台のカメラの映像素材です。
イントレを組んだ客席の上から撮ったので、微振動が多かったため、使えそうなカットには編集ソフトでブレ補正をかけています。
posted by citv at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

【4K】台北・忠烈祠の衛兵交代式


【4K】台北・忠烈祠の衛兵交代式
https://youtu.be/GzhMuqoGIqU
1時間おきに行われている衛兵交代式です。
エンターテイメントとして、絵になります。
2016.1.13撮影
posted by citv at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜からの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

Xperia Z3 Compactのワイコン


Xperia Z3 Compactのワイコン実写テスト。
https://youtu.be/KIKF6iYU4Jo
常時携帯できる小さくて軽い4K動画が撮れるカメラを探していました。
Xperia Z3〜Z5のシリーズが、4K動画が撮れてしかも手ブレ補正も効くことを知りました。
出来るだけ小さく、そして安い機種をと探し、Xperia Z3 Compactの中古をヤフオクで3万円台で手に入れました。
早速4K動画を試してみました。
なかなかいい画質です。
ただ、手ブレ補正無しだと25ミリ相当くらいなのが、手ブレ補正を効かせると
40ミリくらいの感覚になってしまいます。
日常スナップや旅行用には、出来るだけ広角のほうが使いやすいです。
そこで、スマホケースに37ミリ径のリングを貼り付け、手持ちのワイコンを取り付けてみました。
5〜6個の手持ちのワイコンは、どれも周囲が流れてしまい、使いものになりませんでした。
スマホ用の小さなクリップ式ワイコンのほとんどが、ただ広く写るというだけの、画質云々の代物ではありませんでした。
そんな中、37ミリ径のスマホ用ワイコンを見つけました。
http://www.amazon.co.jp/dp/B019SMM3OG
値段も手頃です。
早速注文してみました。
現物のワイコン本体は125グラムほどあり、スマホには不釣合いのほど、大きく重いです。常用にはきついです。
クリップは意外としっかりしていました。
37ミリ径のリングをつけたスマホケースにワイコンを取り付け、カメラホルダー等を装備すると、コンデジみたいになりました。
実写結果は、動画をご覧ください。
引き続き、小さく軽いワイコンは探し続けるつもりです。
Xperia Zシリーズの4K動画撮影で問題になる過熱による停止については、後ほど連続撮影のテストと、物理的に放熱させようという工作アイデアがあるので、試してみたいと思っています。
1157406_1075873785796989_1789624078854320330_n.jpg12507418_1075873765796991_4525334860765264516_n.jpg
posted by citv at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする